貴社の賃金規定が同業他社と比べてどうなのか、あらゆるポイントから診断

賃金診断

賃金制度を見直すべきか…
うちの賃金規定は同業他社と比べてどうなんだろう…
給与規定、就業規則の見直しが必要かも…
業績に見合った賃金なのか…?
最適な賃金制度をご提案させていただきます。
賃金についての規定は、どのように昇格するかなど、ミクロ的思想からの制度作りを中心に考えられる企業 さまも多く見られます。しかし、運用の結果、会社が払えないほどの総人件費になってしまった…などという お声も多くお聞きします。 人件費・賃金相談室では、経営側、労働側双方の視点を捉え、最適な 賃金制度をご提案させていただきます。

簡易相談はこちら

貴社の賃金が最適なものかどうかを診断いたします。

賃金を設計するのは:基本給

基本給は、支払う賃金の基本となるもので、基本給をどのようにして決めるかが、賃金制度の骨格を決めるとともに、制度設計上で最も重要となります。

(1)基本給の種類
日本の企業で特に利用されることの多いのは、年齢給、勤続給、経験給、生活給、職能給、職務給、役割給です。その他、近年では、「実力給」、「責任給」といった名称のものもあります。

賃金を決定するための等級制度

等級制度=賃金決定や評価の層別管理を行うための社員の区分方法
年齢、勤続年数や経験年数によって決定される基本給ではなく、能力や職務、期待役割に応じた基本給を設定するためには、賃金決定や評価の層別管理を行うための合理的な社員の区分方法=等級制度を作る必要があります。

不況こそ制度を見直すチャンス!

不況に勝ち抜く人件費、賃金制度をアドバイス! 人件費・賃金相談室
企業にとって極めて重要な、人件費問題、賃金制度の運用、考え方をコンサルディングいたします。経営者様・社員様の両方の目線で考え、お客様にとって最適な制度をご提案させていただきます。
TEL・FAX 075-801-5900
営業時間 8:30〜18:30 定休日 土曜、日曜、祝日

お問い合わせ